2014年11月24日月曜日

年賀状・手紙エッセイに連なるrootの言葉

先日、知人が声をかけてくれた手紙に関するエッセイに参加しました。その他のエッセイ等もあり多忙ではありましたが、自費出版ながら良い仕上がりだったと嬉しくなりました。一方、この時期はやはり年賀状を書いている時期です。そんな中、帰省して読んだ漫画に、今に至るまでの自分の根があると気づきました。女性向けの漫画ではありますが、暇を持て余した自分が、家中の本という本を読みあさり、その中で出会った言葉です。

2014年11月9日日曜日

年賀便箋を求めた結論

年賀状を葉書で出すことすら廃れてきている昨今。様々な通信技術により、年賀状はもう、過去の文化となり始めているのかもしれません。それでも私はこの風習が好きで、毎年毎年、迷惑になるかもしれないと思いながらも書き続けているのです。…一通も来ないより、一通ぐらい来たほうが、嬉しいんじゃないかな、って。あまり来ることはない自分だって、貰えれば嬉しいのだから。

2014年10月14日火曜日

Linux Mint 17 Qianaにおいてレポジトリが追加できないバグに対処する方法

探しても日本語情報が出てこなかったのでメモしておきます。

Linux Mint 17(Qiana)において、レポジトリが追加できず、アップデートマネージャからソフトウェアソースを選んでもうんともすんとも言わない(おそらくpythonの)バグがあります。(以下URLの症状)
http://forums.linuxmint-jp.net/viewtopic.php?f=4&t=1355
上記フォーラムでは再インストールにより解決していますが、英語フォーラムでは別の解決法が掲載されていたので、紹介(私自身これでなおりました)。

2014年9月10日水曜日

ダイソーのグルーガンを用いたシーリングの実験

100円均一のダイソーでグルーガンを見つけましたので、エルバンのガン用ワックスを使ってシーリング出来るかどうか実験してみることにしました。
準備したのがこちらです。

2014年9月9日火曜日

心は夜に届かない〜中島みゆきの歌詞の解釈(21)

中島みゆきは、自分の歌詞の解釈を聞き手に任せます。それは、私にとって嬉しいことであり、私もその精神に則って、自分なりの解釈をしています。

解釈は人によっても異なりますが、時によって異なり、心によって異なり、状況によって異なるものであると思います。同じ曲を複数回出すこともあるかも知れませんが、それは状況や時が変えたということと考えてください。

今回は、工藤静香への提供曲で、縁会2012〜2013でも歌われ、この度の怒涛の4連続リリースにも入った「NIGHT WING」です。歌詞はこちら

2014年8月29日金曜日

キッテデカを読み終えて

第1巻を買ってから楽しみにしていた漫画、キッテデカの第2巻が発売され、届いたので早速読みました。
何度か、知っている切手も出てきましたが、それ以上に、郵便に関することを色々教えてくれた漫画です。

2014年8月13日水曜日

かけがえのなさ

自分のうつ病が一番重かった頃、最も救いになったのは、私がかけがえのないものだということを知らしめてくれた言葉でした。「お前がいないと俺が悲しいんだから」と言う、単純な言葉ですが、それが自分を最もかけがえのない存在たらしめ、自分を生かしてくれたのだと思います。

2014年7月29日火曜日

他の人がしんどい時にこころがけていること

RPGで、強敵と戦っている最中、HPも減って、毒に侵されている。そんな時、相手の弱点を分析して戦いを続けても、勝てる可能性は低いでしょう。まずは、毒を治癒し、HPを回復せねばなりません。

2014年7月19日土曜日

暑中/残暑見舞い 〜Season 2014の開幕〜

九州南部までは梅雨明けしたと見られる状況になり、暑さもいよいよ本番という感じがしてきました。当然そんな折には暑中見舞いや残暑見舞いが必要で、私も準備を始めています。平均気温が上がっている現代、暑中に人を見舞うという行為は以前よりなおその必要性を増していると思いますが、逆に廃れていっているというのは皮肉な話です。

2014年7月13日日曜日

ペン及び紙の書き味の客観指標化に関するインク質量フラックスの利用について

※ そのうちにfuente等にも投稿したいと考えますが、とりあえず現段階で各位にお伺いしたいと思って記事にします。

ペン及び紙の書き味は現在様々な人の感覚によって表されており、最終的に人の感覚として味わわれるものなのだからそれで良いのかもと思いつつも、伝えるときに難儀しているのが実情です。甘さに糖度があるように、書き味も何らかの形で指標化できれば伝えるのに良いのではないかと言うのを、以前から考えています。これについて、インクの質量フラックスを利用できるのではないか、という考えに至ったので、これについて諸賢の意見をお伺いしたいと考えています。お気軽にコメントください。

以下、詳しく説明します。

2014年6月13日金曜日

潮時の勧告

せっかくの趣味の世界でも、誰にも話しかけてもらえもせず、誰にも無視され、いらぬものとして扱われるのであれば潮時ではあるまいか。最近、そんなふうに感じます。万年筆に対する興味も知識も失ってはいないけれど、私はもう、引退せよと、囁かれているようにしか思えないのです。

2014年5月29日木曜日

中島みゆき"ギヴ・アンド・テイク"が最近良い

何事もそうですが、一度で好きになるものばかりでなく、何度かノ経験によって好きになるようなことがあります。私がファンを続けている中島みゆきの曲の中にもそんな曲が幾つか有りますが、最近良いなと思うのがアルバム"荒野より"所収の「ギヴ・アンド・テイク」です。

2014年4月6日日曜日

別れの時の「素直」に

素直なんて 自分には遠くて
それでもそう言われることがあるから
いつも不思議で

偏屈で 頑固で ひねくれて
そんな自分だから 素直なんて似合わない
厳しくて 意地悪で うっとうしいから
素直なんて言葉が似合うはずがない

好かれることより
嫌われる事のほうが多い
好こうとしても
嫌われてしまうような
そんな日々を送ってきたから
自分が素直だなんて
信じられるはずもなく

自分から嫌うことより
嫌われてしまうことのほうが
ずっとずっと多い自分が
素直なんて呼ばれるとしたら
それはあくまでお世辞でしかない

そう思っていたのだけれど

別れ際
万感のこもった
「素直ながんばり」は
とてもお世辞には思えなかった
自分に不似合いといくら思っても
真実味のある言葉だった

その数日前
正直不仲である人に話題が飛んだ時
「貴方が嫌っているのではなく
向こうが一方的に嫌っている印象」
と見ぬいてくださった方だから
どんな偏屈な自分でも
素直な部分があったのではと思えて

素直だなんて今も言えやしない
それでも素直と受け取ってくれた
毎日会わなくなった
お世話になった方に
心から感謝を送りたい
何もできない代わりにはならないけれど

2014年3月16日日曜日

節目のお祝いを贈る

自分と親しくしてくれる人や、慕ってくれる人、かわいがってくれる人には、こちらからもきちんと心を尽くしたいものです。私があげられるのは心だけだけれども、節目節目に、贈り物を渡すことで、その一端だけでも表現できればと思っています。 

2014年3月15日土曜日

SIMPLOについて思ったこと(主に苦言)

先日、SIMPLOについてひとまずのお礼まで申し上げましたが、やはり意見を言いたいこともありますので、少し書こうかと思います。苦言を呈しますが、同時に自分の方でも気をつけねばと思うことばかりです。

2014年3月9日日曜日

2つの趣味をやる一日(後編) AtCoder講義

3月9日は、午前中SIMPLOという若い方の集まる万年筆の会合に出席し、午後はAtCoder社長高橋直大氏の講義に出席するという、二足のわらじを履く日でした。午前中はアナログな万年筆の話で盛り上がり、午後は競技プログラミングの話をするというすごい日でした。その午後編の報告です。

2つの趣味をやる一日(前編) SIMPLO/万年筆

3月9日は、午前中SIMPLOという若い方の集まる万年筆の会合に出席し、午後はAtCoder社長高橋直大氏の講義に出席するという、二足のわらじを履く日でした。午前中はアナログな万年筆の話で盛り上がり、午後は競技プログラミングの話をするというすごい日でした。その午前編の報告です。

2014年3月1日土曜日

ル・マン200の退院に思う

昨年末、洗浄の折にル・マン200のニブ&ペン芯を破損してしまい、いつものようにpen and message経由で修理を依頼しました。当初、2ヵ月半ほどかかり、3万6千円ほどかかると言う見積もりでしたが、実際には期間・費用とも3分の2ほどで済みました。

2014年2月5日水曜日

幸せを返す

最近は不運な出来事で踏んだり蹴ったり殴られたりです。電車/飛行機に乗る度に行きか帰りは時間単位で遅れが出るわ、注文したPCに部品を接続したら2回目以降電源が入らなくなるわ、色々と投げている連絡は直前まで返らないわ、私が一体何をしたのか、と言いたくなるような、そんな事ばかりです。イライラもつのり、周りにそれをぶつけてしまっていないか心配です。

しかし、そういう時期があれば、またもっと楽しい時期もあるのかな、と思っています。丁度、このあとは色々と楽しい出来事が予定されているので、そこが幸せが返ってくる時なのかな、と。こんなふうに「幸せ」というのは、返ってくるというか、自分が一時的に持っていてまた返してというような、そういう物なんだと、割と一般に考えられているように思います。


2014年1月17日金曜日

語り継ぎ 伝え 残そう

毎年、この日には似たような記事を書いていますが、今年もまた、同じような記事を書きます。

2014年1月13日月曜日

成人の日に思うこと

成人の日、多くの"大人"が生まれる日。私自身は4年前、特に何の喜びもなく、むしろしんどいものだと思って迎えたこの日ですが、その頃から今に至るまで思っている事を、ちょっと書いてみたいと思います。

2014年1月8日水曜日

若手の会を企画した理由

Twitterで、関東のほうでの若手の会SYMPLOの年齢制限の説明が足りないという声が聞かれました。そちらの会そのものの説明は申し上げられませんが、神戸のほうの若手の会で年齢制限をつけた会を開催するに至った理由を申し上げたく存じます。

2014年1月7日火曜日

若手万年筆愛好家の会 企画・前哨戦・SIMPLOのご紹介

1月4日の企画は、なかなかの反響があり、実施する方向で考えています。その前のお話と、現在の企画の紹介をしたいと思います。

2014年1月4日土曜日

2014年1月1日水曜日

2014年新年の挨拶

あけましておめでとうございます。
更新頻度も月2回程度とずいぶん少なくなりましたが、本年も当ブログをよろしくお願いいたします。