2011年3月26日土曜日

過剰に行動しなくていい

http://ameblo.jp/satoshitaka/entry-10834940369.html
にも書かれていることですが。

今回の原発を始めとした放射能関連の報道では、過剰報道が成されているように思えますし、また逆に、受け手も過剰に反応していると思います。

一つに、政府の意見・対応を不安に思う人がいるという点についてですが、少なくとも基準値についてはそこまで心配しなくていいのではないでしょうか。ある災害が起こったときに、その方面に明るい人間は状況が分かります。状況がわかるから、そう慌てることはありません。そのような明るい人の中には政府やマスコミに通じている人もいるでしょうから、おかしいならまず警告などが入るはずです。政府の言うことを初めから疑ってかかる必要はなく、「概ね正しいと考えられるが、言われるよりも少々気をつけたほうがいいかもしれない」ぐらいで構えたほうが、混乱が発生しない様に感じます。

他に、慌てることによる判断ミスなどもあります。それなりの知識を得れば問題がないということや、常識的判断からして関係ないような物を、重大視してしまう例です。「フランスで放射線が観測されたらしいから東京も危険だ」のような意見を言っていた人がいた様ですが、ちょっと落ち着いてください、フランスまで放射性物質が飛散していると仮定すれば、近畿などひとたまりもないはずです。拡散方程式の詳細な解を知らなくても、物体がある点から広がっていくなら大体距離が近いところから広まっていくことは常識的に知っていると思います。それを慌ててしまうから間違えるし、あわてるからかえって混乱する。まずは落ち着いて判断せねばならないと思います。

マスコミも無駄にあおっているように思いますが、それに惑わされることなく、判断を少しおいてからと思います。信頼できる情報筋の確認も大切で、例えば
放射線医学総合研究所:http://www.nirs.go.jp/index.shtml
などを参照すると良いでしょう。一通り読むだけでも、信頼できる根拠がなければ困る場所が出していますから、安心できるのではないでしょうか。

少し厳しいことを言わせてもらうなら、マスコミは理系的観点について驚くほど無知です。ニュースであろうが科学番組であろうが、Kと℃を混同したり、時間あたりの量に/hをつけなかったりと、ごくごく常識的なレベルでミスをしています。そんなマスコミがうだうだ言うことよりも、信頼できる筋の情報を、折角ネットが使えるのなら、自分で確かめて判断する方が、よほど安心できるのではないでしょうか。今回の一連のことを経験して思ったことです。

3 件のコメント:

Volcanologue さんのコメント...

次から次へと健康に関する基準値を変えている ―― これはかなり不審に思えるのですが.ちゃんとした Science に乗っ取っていれば基準値は,そうそう変えられるものではないと思うのですが.

達哉ん さんのコメント...

>Volcanologue さん
今回の分では基準値が変わっていない様に思うのですが…。

基準値は現状の科学で分かっている範囲でだと思うので、ある程度変わるのは仕方がなく、それ故「なるべく取らない方がいい」のは間違いないと思います。ただ、それで無駄に混乱しなくてもいいのでは、というのが一番いいたかったことです。

Volcanologue さんのコメント...

基準値が変わっているというのはhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00826.htm?from=navr
などにある話で,250mSvとあるのが気になったのです.