2010年10月28日木曜日

自分のブログへの疑問

疑問、と言っても難しいことではなく。

ブログの更新とコメント、その他色々な点について、自分なりに考えてみたのです。

1.なぜ時刻を夜中に設定するのだろう?
kammyさんのコメントにもありましたが、私は自分が書いた後、少々猶予を持って夜中に設定してタイムラグを置いて更新するようにしています。昼に考えたことを夕方~夜ぐらいに書いて、夜中に自動更新がかかるように指定して投稿。予定稿の場合は土日の昼が多いです。例えば27日の投稿(本音を言う話)は22日昼投稿で、26日の投稿は25日の昼投稿(最近好きな4.2.3の曲と、死刑に関するニュースを見たのでそれをあわせて)です。その時の設定を夜中にする理由が、自分でもよくわからないのです。気分なのかもしれませんが、起きてふとみたとき、更新されている、というのが基本的には気分いいから、ぐらいが理由でしょうか。夜中の思考がネガティブなのは眠れない夜で十分経験済みなので、夜中に書く事はないのですが、ではなぜ夜中に設定しているのかわかりません。とりあえず試しにこれは朝にしてみます。

2.なぜ機能をあまり増やさないのだろう?
ブログとしてはかなり低機能であり、ガジェットも追加していません。なぜ追加しないのかということなのですが、レイアウトを考えるとこれぐらいが妥当かな、と。ジャンル別は検索システムを知らないという理由でやめているのですが・・・なんとかなるなら、ブログ内検索位入れてみたいとは思いますが。

3.コメントのポリシー
一度目は返事をし、二度目以降は状況に応じてというポリシーで原則コメントの返事を書いているのですが、このポリシーが妥当なものなのかどうていて、これは、正直分かっていません。一度目は必ず返事をしようというのは、やはり、「見てくれてありがとうございます」という気持ちを表明したいからなのですが・・・悩ましいところです。

4.技術系がない
プログラミングやコンピュータ、あるいは気象学・物理学・数学について、数式やコードを用いた議論は避けていますが、なぜかと考えてみるとあまり理由が思い当たりません。多分、それらを書いたほうがいろいろな人が見てくれるとは思うのですが・・・。もしかすると、TeXで書き起こすのが面倒なのかもしれません。でも、最近面白い話題があったので、たまにはTeXを用いたブログでも書いてみようかなと考えています。

5.何より、なぜブログをするのか?
念のため再度自分に問うて、一番の答えは、自分という存在を思ってくれている人々に自分の生存証明をなすため、という結論を得ました。友人に「ブログの更新が半月以上止まったら何かあったのだろうと思ってくれ」と言いましたが、その指標たるブログでありたいと思うのです。それにより、何らかの「書く」行為が重要だと思うのです。

2 件のコメント:

つきみそう さんのコメント...

 立派です。きちんとしてると思います。

 エエおっさんの私は、適当な時間に書き散らかして
読み直すこともなくアップ。その日の気分と状況で、
書き始めるまでは何を書くのかもわからない、という
情けない状況です。

 生存証明としてブログを書く、というのは同様ですね。

達哉ん さんのコメント...

>つきみそう さん
ありがとうございます。
生存証明のブログ、という人、多いようですね。