2010年8月22日日曜日

Wagner神戸大会

おそらく、今までの万年筆関連イベントで、もっとも多くの人を呼んだものだったのではないかと思います。

昔はひとりで行くものだった万年筆巡りや万年筆イベントですが、今は友人と行くのが常になっています。それは私が一人で楽しめないとかそういう話ではなく、むしろ、友人をつれていくことで友人にとっての万年筆のハードルが少しづつ下がっていくのではないかと思うからです。
私が自分ひとりで万年筆を見ていたうちは、やはり少しハードルが高くて、Wagnerの初参加やペントレの初参加、fuenteオフ会も随分とドキドキしたものです。それが、顔のきく知り合い一人いれば、随分違ったものになるのではないかと思っています。

正直、私が最初に参加したワーグナーは、今ほど楽しめたようには思いませんでした。今でこそ楽しく話し、色々なペンを見て笑っていますが、はじめの一回は緊張してばかりだったと思います。それに比べて、今日はじめて参加された友人は初めてなのに笑っていられて、私よりもハードルが低いように見えて、誘ってよかったと思えました。

万年筆によって縁が広がり、今日も万年筆によって楽しい一日が過ごせました。そんな最高の一日は、無論万年筆があるだけで成り立ったものではありません。今日のWagnerやpen and messageに携わった人すべてのおかげなのだと思います。そんな人々に感謝し、また今後も、そんな会合に参加したい気持ちでいっぱいです。

6 件のコメント:

Shenさん さんのコメント...

たっちゃんお疲れさんでした!暑かったね〜でも会場内はもっと熱かったね〜(笑)!

せちがらい世の中で、共通の趣味を持つものが集い時を忘れて語り合う……これほど愉しい時間があろうか〜〜(いや無い!)

また布教活動頑張って下さい!

kammy さんのコメント...

kammyです こんばんは 会えませんでしたね 急きょ仕事が入ってしまいましたので結局1時間ほどしかWAGNERにいませんでした 
達哉ん 充実した時間でよかったね
万年筆のすばらしき世界にまた何人か誘われたようですね

つきみそう さんのコメント...

 神戸で泥沼に突き落とした皆さんはどうされてますか。萬年筆やインクに押しつぶされる夢を見てうなされている、なんてことはないでしょうか。

 でも、皆さん楽しそうに書いてらっしゃってなによりでした。どんどん引きずり込んであげてください。

達哉ん さんのコメント...

>Shen 様
コメントありがとうございます。
そうですね、「時を忘れて」、全くそのとおりで、2時半~4時半など、2時間あったのかと気になるほどです。多分2時間あったんでしょうが、少なくとも私には1時間、いや30分ほどの、本当にあっという間に駆け抜けた楽しい時間でした。

達哉ん さんのコメント...

>kammy 様
ありがとうございます。
ちょうど会えない時間だったようで、残念です。
万年筆の世界の裾野を広げることが今の自分の万年筆の世界での役割だと思って、いろいろな人をいざなっております。その時に自分も楽しくて、万年筆の楽しみは何も書くばかりではないと思っています。

充実した時間…その中に、私が万年筆を紹介できた人々がいること、それだけで心が踊ります。

達哉ん さんのコメント...

>つきみそう 様
いつもありがとうございます。
「泥沼に突き落とした」いえいえ、あれは「万年筆会の次世代たる人々を増やした」といいます。皆さん随分満足されていたようで、ありがたい限りです。

引きずり込むのも私にはそうそうできませんが、この世界に足をすすめるための案内係として、これからも万年筆を好み、そして広めていきたいと思っています。