2010年6月5日土曜日

誰にも彼にも裏切られたような気のする日

私は周囲の人からも良くいわれるほど、予定の急なキャンセルが多く、また、様々な遊びでも、弱すぎて相手にならないかもしくは卑怯ととられるまでに強いかで、応援の余地なく同情されるか、あるいは応援の余地なく敵視されるかのどちらかです。単発で起こっているうちはまだましなのですが、そんなものがなんども何度も繰り返されると、それも短期間のうちに繰り返されると、人間不信のような気分になってきます。

つい昨日、数時間前のことです。1週間ほど前から約束していた食事がキャンセルとなり(別にその人の体調が悪いなどではなく)、また、殆ど日が変わる直前、次の日にお願いしていた、割合大きな予定のキャンセルが、やはりこれもその人の体調が悪いなどのイレギュラーではなく、急に連絡されてきました。その日は偶然、ゲームに興じていたのですが、それは、卑怯なまでに強いととられているのか、一方的に敵視されるばかり。そのゲームだって、予定していたよりも特に何の連絡もなく30分以上待ってからのスタートでした。そんな中で友人から来たメールは耳が汚れそうなものばかり。

正直言って、同じ日にこれだけとことんいじめられれば、私だって嫌になります。誰にも彼にも裏切られたような気になって、事実裏切られていて、嘲笑われているのかもしれませんが、生きているのさえ嫌になってきます。

予定がキャンセルされることは別に嫌だとは言いません。キャンセルというのは不測の事態もあるでしょうし、あるいは前もって連絡できるのであればそれで連絡してくれれば、別にこちらとしてもわだかまりなく理解できます。しかし、前もって連絡できるようなことを、連絡せず、私の方からどうなんだと催促したらキャンセルというのは、はっきりいって人間を軽視しているように思えてなりません。

そこまで軽視されるような価値しかないのか、と思うと、自分のことが卑小でいらないように思えてきます。別に自分が世界の中心であるなどという気はありませんが、少なくとも何かの約束をして、それに変更が生じたならばできる限り早い段階で連絡をするというのがマナーではないでしょうか。不測の事態であれば突然でも仕方ありませんが、前もってわかっているべき事柄での、突然のキャンセルが相次いでは、自分が嫌になるのも仕方ありません。

そして情けないことに、私はそれに慣れてしまっています。

ゲームでは経験があるがゆえに一方的に敵視され(ライバルという度を通り越して)、その上、急な、それも不測の事態でない急なキャンセルが多くて、自分が軽視されていると感じずには居られません。

人間ですから、忘れることだってあるでしょうし、あるいはキャンセルが急というのも、仕方ないことなのかもしれません。でも、ある人が「とても不測の事態とはいえない、前もってわかっていることによる急なキャンセル」に慣れてしまうほどというのは、当人をどれだけ傷つけるか、キャンセルした当の本人たちにはわかっているのでしょうか。

かつては、1週間に入れた予定の7~8割が全て(とても不測とはいえないような事態で)キャンセルになったことがありました。自分でもよく耐えたものだと思います。
こんな思いばかりして、前もってきちんと予定を立てて、それを心待ちにしている自分は何なんだ、と思います。いつもいつも裏切られる準備をして待っているような、そんな気分でいて、何が楽しいでしょうか。したくもない、「裏切られる準備」、私は前もって計画を立てる人間として、いつでもその準備をしていなければならないのでしょうか。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

まさです。
達哉んさんはもう少し肩の力を抜いた方がいいかもしれません
人間としてのマナーを考えれば友達も友達ですがね~。しかし友達の性格というか態度というか、いちいちそれに一喜一憂してたら達哉んさんがしんどいだけですよ(笑)
まじめすぎるのも良いとおもいますが、なんでもかんでも予定を立ててその通り言ったらこれほど幸運というか、幸せなことはありません。ですがこの世の中、自分の都合でものは進まないので、結局自分の中で耐えるのではなく都合をつけるしかないんです。僕もおうおうにしてこんなことはよくあります。縁がなかったと諦めますしそれは至極当然なことだと思ってます。達哉んさんもここはひとつ割りきって「どーん」とかまえておけば達哉んさんの心にも余裕ができるでしょうし、達哉んは懐の広い奴と周囲も思うのではないでしょうか??
自分の思うどおりにものは進まないんです。その考えを少し変えてみたら少し怒りはおさまると思います。謹んで申し上げます。

達哉ん さんのコメント...

まさ 様
コメントありがとうございます。確かに、予定通り進むのは稀で「立てぬ予定に狂いなし」なんだという風に思う時も多く、全部に一喜一憂だとしんどいですね。実際、あんまり一喜一憂しないよう、普段はさらっと流していたのですが、珍しく一日に多く重なったもので…。

力を抜くこと、これはよくいわれるのですが、どうにもこうにも、うまくいかないというのが現状です。何に気を張っているのかわからないけど変に緊張しているというような状況が、張り詰めた状況が常にあります。プレッシャーの有無にかかわらず、ずっと心の琴線が張っていて、うまくゆるめることができないというのが困りものです。

意識すると力が入りますし、意識せずとも抜けないし…肩の力を抜いて、自然体を心がけようと思っているのに、自然体ともいえる普段の状況でも実は力んでいる、それを何とかできると、しんどい日もずいぶん減るように思います。ありがとうございます。