2011年1月21日金曜日

日本語検定に挑戦しようか

ずいぶん前から興味を持っていたのですが、日本語検定の2級に挑戦してみようと思い立ち、次の試験を受けることにしました。まだしばらく先なので、ひとまず過去問題をといてみただけですが、2〜3問足りない程度の水準でしたので勉強していく試験としては妥当だという結論にいたり、2級にしたのです。

どの分野でも6割以上の得点率は確保しましたが、その中で比較的難しかったのが四字熟語。漢字を書くのは苦手だ、と思っていましたが、四字熟語関連の問題でわからないものが並んだのはこの問題が初めてでした。いったいどれぐらい難しいのだろう、と漢検2級を持っている後輩に聞いてみると、彼もわからないということ。私が苦手だからと敬遠している漢検2級でもわからないのか、と思い、正直びっくりでした。幸い、他の分野はわからないことが有っても1〜2箇所であり、敬語に至っては満点だったので、四字熟語を重点的に勉強しようということにしました。

対策書籍はまだ問題集しか持っていませんが、幸い横には「日本語を使いこなす言葉の実用辞典」や「かけなくてもいいけど、読みたい漢字」などの本があるので、そのあたりから読んでみようかと思っています。広範な日本語知識を得たいと常日頃おもっているので、これを機会にそれで勉強すればいいと思っています。

2 件のコメント:

寛志 さんのコメント...

 がんばってください。

 私は何一つ勉強しませんでした。ですから、間違いも多々ありましたけれど、初回受験で2級は通過できましたから、達哉んさんなら大丈夫でしょう。

 で、年2回ありますから、6月に2級通って、11月には1級に挑戦しましょうね。簡単ですよ。

達哉ん さんのコメント...

>寛志 様
コメントありがとうございます。
11月に1…と順調に行くかどうかはわかりませんが、"勉強"することのない分野なので、しっかりと身につけていきたいと思っております。
四字熟語が苦手なのでよく勉強しておかないとという次第です。